二日酔い対策情報局|サプリ・ウコン・飲む前・飲んだ後・寝る前

サワーは要注意!二日酔い対策には「どれくらいアルコールを摂取したのか」が重要

二日酔い対策情報局|サプリやウコンは飲む前?実は飲んだ後や寝る前が良かった?

 

48歳女性です。

 

結婚前は飲みに行くのが大好きで、週に一度は必ずと言っていいほどに二日酔い。

 

そして、「無茶な飲み方はしない」と懲りずに心に誓う私でした。
シュワッとした飲み物が好きなので、最初はビールでその後はサワーという飲み方が定番。

 

食べるのもきちんと食べているし、記憶を失うほどに飲んだことはありません。
自分としては毎回同じような飲み方、量を保っていると思っていました。
飲んでいる最中はご機嫌で、おしゃべりになるくらい。他の人に迷惑になるようなことは一切しません。

 

でも、二日酔いになってしまうことがあるんです・・・。

 

二日酔いになるときは、決まって飲んだ翌朝になると突然のように気持ち悪くなり、吐き気がします。そして慌ててトイレに駆け込んで吐くのがお決まり。

 

 

その後はどんどんと頭が痛い、ムカムカするという症状が重症になり、それでも会社へ向かうという最悪のパターンを繰り返していたものです。二日酔いの日はひたすらに水分摂取をし、夕方までは何も食べる気がしないというのも同じでした。

 

サワーは意外とアルコール度数が高く二日酔いになりやすい?

私の場合、サワーをよく飲んでいたのですが、これが二日酔いの元凶であることが解りました。

 

サワーはグラスに氷がたくさん入っていて、ジュースなどで割ってあるために「あまりアルコール度数は高くない」と思い込んでいたのです。

 

 

でも、実際はお店によってアルコールとジュースの割合が異なるので、当然のようにアルコール度数も変わってしまいます。

 

また、「あまりお酒っぽくない」という思い込みがあるために、自分の限界を超える飲み方をしていたことに気が付いたのです。これは一緒に飲みに行っていた男性の同僚から指摘されて初めて気が付きました。言われてみれば、確かにどれくらいのアルコールを摂取したのかは正確に把握なんてできません。

 

 

サワーを作っているのを目の前で確認をすることなどありえないのですから。それからは、外出した時にはビールとワインしか飲まないと決めました。

 

ビールのアルコール度数は、だいたい5%弱。ワインだったら、13%前後です。

 

 

何かで割ったりしない飲み物を選ぶことで、自分がどれくらい飲んだらセーブし始めたほうがいいのかが解るようになりました。

  • ビールの場合は、中ジョッキで5~6杯まで。
  • ワインだったら750mlを1本。

 

ワインの時にもやっぱりシュワッとした感じが欲しくなるので、炭酸水やコーラを飲みながらとなることが多いです。

 

アルコール度数を考慮すると、厳密にはアンバランスですが、私の場合にはこれだったら二日酔いにならずに普段通りの生活に支障が出ません。

 

 

要は、自分の適量を知ることで二日酔いは防げるのだと思います。

 

また、適量を承知していることで「今日は風邪気味だから少な目にしよう」「明日のことを考えて、そろそろ切りあげよう」と自分をコントロールしやすくなります。

 

お酒を飲んで過ごすことは楽しいからこそ、オーバーペースになりがち。

 

 

「酒は飲んでも飲まれるな」という格言は、「自分がどれくらい飲んだか把握できないようじゃ飲む資格なし」ということではないでしょうか。

 

自分の適量を理解した以降は、「もう二日酔いになることはない」と、より安心してお酒を飲めるようになりました。

トップへ戻る