酒に弱くビール1杯でも二日酔いに・・。CMで話題のしじみ習慣が私の最強対策です。

酒に弱くビール1杯でも二日酔いに・・。CMで話題のしじみ習慣が私の最強対策です。

酒に弱くビール1杯でも二日酔いに・・。CMで話題のしじみ習慣が私の最強対策です。

 

31歳の男性です。

 

二日酔い対策をする前の私は、翌朝なかなか起きられないことが悩みでした。具体的には頭が重く、酷い風邪を引いたような状態です。

 

毎度頭痛や吐き気はあまりしないのですが、とにかく身体を起こすのも精一杯ですから、朝の準備にはいつもの2倍から3倍は掛かっていた気がします。

 

 

これで困るのが、早朝会議のある日です。朝の8時くらいから仕事のことで話し合おうとしても、どうにも頭が回りません。そのため、上司から話を振られても、答えられないことが何度かありました。

 

 

よく二日酔いするほど飲むからだと言われるのですが、私の場合はコップ一杯でもそうなることが多いのです。ですから、軽い付き合いで飲みに行ったのにも関わらず、翌日とてつもない体調不良に襲われることも経験しました。

 

 

こうした二日酔い=飲み過ぎているという決め付けで見られるのが、私にとって何よりもの苦痛でした。それでも付き合いは断れない、お酒自体も嫌いではない、だからこそ二日酔い対策への試行錯誤を繰り返していたわけです。

 

 

ちなみに悪酔いなどは、一度もしたことはありません。記憶がなくなったことも一度もなく、周囲からは酒癖はかなり良いと言われていました。本当に二日酔いだけが、私の唯一無二の悩みだったと思います。

 

しじみ週間で酔いにくい体作りを!そして最高の二日酔い対策になった!

そんな私を救ってくれたのが、しじみ習慣でした。こちらは、明確に二日酔い対策と銘打っているわけではないのですが、数々の口コミを参考に、お試し感覚で購入してみたのです。結果的に、これが最高の二日酔い対策になりました。

 

まず、しじみ習慣は毎日飲みます。身体の調子を整える効果もありますので、決してお酒を飲むときにだけ用いるわけではありません。しっかりと「しじみ成分」を普段から摂ることが、二日酔いをしにくい身体作りに繋がると考えています。

 

 

そして二日酔いには「しじみの味噌汁が効く」と言われるのですが、しじみ習慣を毎日飲むことで味噌汁を作る手間も必要ありません。サッと飲めばそれだけで、時短になるのが嬉しいです。

 

 

飲む時間は、朝食と夕食それぞれの食後です。サプリメントということもあり、副作用は全く気になりません。薬だとこの辺りが気になるのと、食べ物では好き嫌いがあるので、二日酔いの対策方法を選好みしてしまう方は参考にしてみてほしいです。

 

 

一応私の場合は、習慣化するまでは飲み忘れがありました。ですからいつも目に留まるような場所に置いておくとか、メモしておくなどの工夫もあるといいと思います。

 

しじみ習慣で1つ注意しなければいけないのが、味に独特の苦味があることです。私はこの苦味が好きなので問題なかったものの、貝類特有の風味が苦手な方は少し戸惑うかもしれません。

 

 

ただ実際にしじみ習慣を飲むようになると、驚くほど二日酔いをしなくなりました。何より変わったのが「翌朝の楽さ加減」、頭の重さがなくなり、目覚めもとても良くなりました。

 

この目覚めはお酒を飲まなかった日にも違いが出たので、二日酔いと関係がないところでも効果があったのだと感じています。

 

 

それに加え、朝からアクティブに動けることが増えました。早朝会議はもちろんのこと、今まではしようとも思わなかった朝の散歩もできるようになったのです。前日に飲んでいたのが嘘のように、自分の体質を変えることができました。

 

結局のところ、飲んだ日にだけ慌てて二日酔い対策をしても効果は薄いのです。毎日継続して二日酔いに強い成分を摂取していき、そうなりにくい身体を目指すのが一番重要だと学びました。

 

 

私にとってはそれがしじみ習慣でしたが、是非二日酔いでお悩みの皆さんにも自分にとってベストな対策を見つけてほしいです。今では翌朝を気にせずお酒が飲めるようになって、素直に幸せに思います。

トップへ戻る