ウコンは効果無しでした。超意外な二日酔い対策は身近な●●を飲むだけでした!

ウコンは効果無しでした。超意外な二日酔い対策は身近な「水」を飲むだけでした!

ウコンは効果無しでした。超意外な二日酔い対策は身近な「水」を飲むだけでした!

 

男性・33歳です。

 

私の会社では、飲み会が頻繁に行われ、ビールの乾杯から始まり、梅酒ロック、酎ハイと、最低でも7杯くらいのアルコール飲料を飲んでいました。

 

飲み会の翌日は、二日酔いで頭が痛く、体も全体的に重いような感じがしていました。頭がボーっとするようなイメージです。

 

 

さすがに、30歳を過ぎているので、記憶がなくなることはありませんでしたが、それでも、飲み会が多く、その度に二日酔いをしていると、翌日の仕事では頭が働きません。

 

 

パソコンで文字を打とうにも、いちいち頭で考えないと言葉が出てこなかったり、細かい数字の計算は、普段の1.5〜2倍の時間をかけないと、計算もできませんでした。

 

アルコールを飲み過ぎている影響だからなのか、朝からやたらと喉が渇き、頭痛もするのでスポーツドリンクを飲み、昼休みには、少しリクライニングできるようなソファで、仮眠をとっていました。

 

 

そんな状態で会社に行った午前中は過ごしているので、後輩に、「大丈夫ですか?」と何度も聞かれるくらいに、明らかに体調が悪かったです。

 

意外な二日酔い対策。それは「水」

二日酔いになりにくいと同僚にすすめられ、飲み会の前には、まずウコンの入った飲料をコンビニで買って、1本を丸々飲み干した上で、飲み会に参加するようになりました。

 

でも、結果は、私にはあまり効果がなかったようで、ウコン飲料などの悪酔い防止の飲み物を何種類か試してみましたが、どれも同じで、翌日には、必ず二日酔いを経験していました。

 

そこで、二日酔い対策として試した効果があった飲み物が、「水」なんです。

 

私は、飲み会でアルコール飲料を飲んでいる最中や飲み会の後に、必ずコンビニで水を買って飲むようにしたところ、二日酔いをすることがなくなりました。

 

 

「そんな水を飲んだ程度で二日酔いがなくなるなんて嘘でしょ?」と思われる人の方が多いと思いますが、問題は、飲む量と飲み方なんです。

 

 

これは自分で調べてみて知ったのですが、二日酔いの原因は、飲み過ぎたアルコールが肝臓で処理しきれないことから、頭痛や気持ちの悪さ、体のだるさなどの症状として出てくるそうなんです。

 

 

肝臓でアルコールが処理される前に、大量に水を飲んで尿として排泄すれば、二日酔いの症状はでないことを知りました。

 

 

だから、私は、現在飲み会に参加する時には、飲み会の前に1L程度の水を買うようにしています。スーパーやドラッグストアだと、120〜130円程度で購入できるので、ウコン飲料よりもお得です。

 

 

また、飲み会でアルコール飲料を頼む時には、必ず、水(お冷や)を注文するようにしており、アルコールを飲む合間に、水を飲むようになりました。

 

水を使った二日酔い対策のポイントは2つです。

  1. アルコールと同じ量の水を飲む
  2. A飲み会中から水を飲み始める

 

さすがに、飲んだアルコール飲料と同じ程度の水を飲み会後に飲むことは難しいので、飲んでいる最中から、水を飲み始めておくのです。

 

アルコールと同じ量の水を飲むと、その度に、トイレに行きたくなるので、肝臓でアルコールが処理される前に、トイレで尿としてアルコール成分を出して、二日酔いが防げた訳です。

 

手軽で、確実に二日酔いの防止につながりますので、ぜひ1度試してみてください。

トップへ戻る